投稿日:

冬の寒い時期、停滞しがちな肉体的エネルギーを活性化させましょう

peace-sky

[pt_view id=”29f7f46ly6″]
まだまだ寒い日が続きますね。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

ついつい布団の中にもぐりこんだり、コタツでぬくぬく、
暖房のある部屋でのんびりなんてこともあるのではないでしょうか。
身体を十分に動かして活発にというのはなかなか難しいこともありますよね。

冬の時期というのは、どうしても肉体的エネルギーが停滞しがちです。

肉体的エネルギーが停滞しがち、何とかしたいなという時には
一度ガーネットを手にしてみてもいいかもしれません。

【ガーネット】
・一般的に知られているのは深紅色のもの。実はガーネットという名称は鉱物のグループの総称。
・前向きな気持ちを高め、肉体と精神両面のエネルギーを活性化させる。
・重厚感、内側に秘めた情熱、生命力を感じられる深みのあるエネルギー。

今回はガーネットの持つ色や質感について触れてみたいと思います。
色や質感というのもパワーストーン選びにはとても大事な要素なんです。
たとえば、同じ色の石を2種類並べてみても
石それぞれで感じられるものが違ってきたりするものです。

一般的に知られている深紅色のガーネットをよく見てみますと、
外側に向かって発散していくような明るい赤色ではなく
内側に堅実に留まるような深みのある赤色が感じられます。
また、その深みのある赤色には肉体で体感する温度感に近いものが感じられます。

この肉体で体感する温度感に近い感じが
肉体のエネルギーの活性化につながると言えるのではないでしょうか。

ガーネットには様々な伝承があるのですが、
古い伝承でも言われるように血液と関連付けられるのは合点がいくような気がします。

中世ヨーロッパの兵士たちが戦場に赴く際に身につけることで
ケガから身を守り、生きて帰ることができると信じられていたという伝承がありますが、
兵士たちが生命力、持久力などの肉体面への働きかけを必要をしていたことが伺えます。

身体的活動が停滞している、物事が停滞しているなど、
何かしらの物質的エネルギーが停滞しがちな時には
もしかしたらガーネットが助けになってくれるかもしれません。
参考にしてみてください。

【参考文献】
・豊原匠志(2010)『天然石パワーストーン組み合わせバイブル―154種の石の詳細データ&目的別に探せる188種の組み合わせガイド』河出書房新社
・CR&LF研究所(2008)『幸運を引き寄せるパワーストーン事典―運命にはたらきかける神秘の石』毎日コミュニケーションズ
・マダム・マーシ(2008)『パワーストーン組み合わせポケットBOOK』主婦の友社